クレヒスはカードローンの審査で重要なものの1つ

カードローンの審査に通るには、返済出来るだけの十分な収入や、申込者や配偶者が安定した職業に就いているのも重要なことですが、今までのクレジットカードなどの分割払いや、キャッシングや各種ローンの契約をして利用し、返済をした履歴にあたるクレヒスも重視されます。
具体的にクレヒスとは、クレジットヒストリーの略称で、信用情報機関に契約時の個人情報とともに記載されているものです。どのくらいの額を利用して、定期的に返済したか、細かく記載されています。他に借り入れがある場合は、限度額なども記載されているので、収入に対してどのくらいの金額を貸付できるかも判定しやすくなります。特に貸金業の場合は、総量規制があるため、厳しくチェックされるでしょう。
期日を守って返済した場合には、信用度が上がり、勤務先への在籍確認をなしにしてもらえることもあります。返済はできていても、約定日を遅延して支払っている場合には、その旨記載されていますので、基準を厳しくしている場合には問題視されることもありますが、原則として24ヶ月以上経てば消去されます。問題は3ヶ月を超えて延滞した場合です。踏み倒しをした場合は延々とクレヒスに載せられ続けますので、カードローンやキャッシング申し込みだけでなく、他の分割契約や新規のカード作成もできない状態となります。すぐに債務整理や金融機関との話し合いで対処する必要があります。債務整理をした場合は、解決した日付から5年から10年程度記載されることになりますが、その期間を過ぎれば、すべての履歴が消去され、新規申し込みが可能となります。