カードローンは余裕を持って返済すべし

カードローンの返済は、無事故で安全に行わなければならないことは誰でも知っています。それは自動車を無事故で安全に運転しなければならないことと、基本的には同じなのです。しかし、それでは金融事故さえ起こさなければいいのかというと、決してそんなことはありません。たとえ約束通りにきちんと返すことができたとしても、少しでも余裕を持って返すようにすべきなのです。
どうしてかというと、限界ギリギリの状態で何とか無事に返したような場合では、一歩間違えると危険だからです。そんなギリギリの状態は、避けなければならない危険なレベルだと考えるべきです。ゆえに正しい返済というのは、確実に危険レベル以下で余裕を持って返すことなのです。
そうすれば、少しくらい予想外の出費があったとしても、約定日に引き落としのための口座残高が不足してしまうような事態だけは何とか避けられるに違いありません。だからこそローン会社は顧客に対して、「ご利用は計画的に」とか、「ご返済は無理なく余裕を持って」などと呼びかけたりしているのです。
ところで自動引き落としではなくて自分でATMを操作してお金を返す時は、操作手順や金額などを間違えないように注意しましょう。また、暗証番号や振り込み先の入力などをミスしたり、何度もやり直してモタモタしていると、あっという間に貴重な時間が過ぎてしまうことがあります。安全で確実な返済のためには、心にも余裕を持って落ち着くことが肝心です。