カードローンと総量規制について知ろう

カードローンはローン用のカードを発行させておけば、様々な用途に役立てることができますし、提携の銀行、コンビニATMも多く存在しますので、必要なときにすぐにお金を用意できるのも便利です。
融資限度額の範囲内であれば何度でも利用できるのも便利なところです。

 

そして、借り入れをする前には総量規制についても知っておきましょう。こちらは、個人への過剰な貸付けを防ぐ目的で作られた制度で、原則として個人の借入れがその人の年収の3分の1までとなっています。
それゆえ、消費者金融で借りる場合であれば、年収の3分の1の金額を超えた借り入れはできなくなっています。
金額の総量に規制がついたことで、借りすぎを防ぐ効果を期待することができますが、人によってはそれだけでは足りない、より多くの資金が必要ということもあります。

 

こうした場合に気をつけたいのは闇金融のような怪しげな業者に関わってしまうということです。
こうした業者は融資はスムーズに行ってくれるものの、その後の取り立てや高額な利息で悩まされることとなってしまいます。

 

より安心して借り入れをするなら規制の対象外となっている銀行から借入れを行うことがおすすめです。
信頼性も高く、安心して利用することができますし、限度額も大きくしかも低金利ですので、まとまった金額を用意したいという場合にも向いています。
すでに複数の借り入れがある場合も借り換えやおまとめを選ぶことで、より返済も楽に行えるというメリットもあります。